散骨の価格の違いについて

subpage1

散骨というのはお墓に骨を埋葬することなく、細かく砕いて撒くという方法です。

散骨に有効なサイトの紹介です。

お墓の購入費用がかからない分、安いといわれていますが、その方法によってピンからキリまであります。

散骨するといっても、骨がそのまま捨てられた場合、事件と疑われて大事になるので細かく粉砕するための費用は必ずかかります。


粉砕した上で、自宅の庭にまくというならそれ以上のお金はかかりません。故人にとっても安心できる場所ですし、遺族もいつでも会いに行けるというメリットがありますが、自身の持っている土地であることは大前提です。

YOMIURI ONLINE情報は信頼性が高く、好評です。

また、場所によってはその都道府県の条例で散骨が禁止されている場合もあるので注意が必要です。
それ以外の場所となると海や山などになるでしょう。
近場だと問題があるので船で沖まで出る必要があります。

たとえ細かく砕いたとはいえ、自分たちが食べる魚たちが泳いでいるような場所にまかれるのはたとえ法律で決まっていなくてもマナーとして辞めておいたほうがよいでしょう。


業者に依頼する方がおすすめです。依頼者家族だけが単独でとなると船のチャーター費用もかかることから20万円から30万円は考えておいた方がようでしょう。複数の家族で合同で行なうのなら10万円程度となりますし、業者に代理でおこなってもらうというなら5万円前後、とやり方によって違ってきます。



一度まいたらもう二度と返っては来ない以上、遺族たちが納得のいく方法で行なうようにしましょう。

マナーの情報まとめ

subpage2

近年では、社会状況の変化などから、葬儀やお墓に対する考え方が変わってきていることもあり、「散骨」という葬送方法を選ぶ人も増えています。メリットとしては、お墓を作ったり維持したりする費用がかからないことや、死後に大自然へ還るという希望が叶えられることなどが挙げられます。...

more

関連情報!

subpage3

自分が死んだとき、お墓を建てるか、永代供養にするか、散骨するか、迷っている方も多いと思います。一般的には、お墓を建てるか、もうすでに立っている親族のお墓に入ることが多いと思いますが、最近は、せっかく数十万〜数百万かけて立派なお墓を建てても、受け継ぐ人がいなければ「墓じまい」をすることになるから、という理由や、子孫がいない人や、子孫が、墓参りに来る手間をなくしてあげたいとお考えの方などは、永代供養や、散骨を選択するようです。...

more

予備知識

subpage4

散骨は、従来の葬儀を執り仕切って来た葬式仏教の教義に従う必要が一切無いので、先祖の供養の対象となる高額な墓地や高額な墓石を購入する必要が無く、無宗教の場合にはお布施の金額でランクが決められる戒名や法号、法名も必要無く、初期費用が大幅に削減出来ます。又、同じ自然葬の植樹葬と比べても不足する植樹葬専用墓地の入手に手を焼く必要や墓地の購入費用も無く、遺族が希望するタイミングで故人が希望した場所で弔う事が出来ます。...

more

納得の情報

subpage5

散骨は、京都の観光地として知られる清水寺周辺鳥野辺で行われていた鳥葬や平安京の朱雀大路の真北に位置する船岡山周辺蓮台野で行われていた風葬と同様に古代より行われて来た葬送方法の一つです。国内では、昭和23年より火葬が義務付けられ火葬後に墓地や供養塔などに埋葬されて来ましたが、現在では日本全国で行われています。...

more