美容外科での刺青を消す方法

美容外科における刺青を消す方法としては4つの方法があります。1つ目はレーザー照射による方法です。
「イタズラ彫り」とよく言われます青や黒の刺青を消す方法として有効な方法です。

厳選した刺青を消すの情報はすぐに役立ちます。

同一箇所に数回レーザーを照射し少しずつ目立たないように消してゆきます。
治療に半年とか1年とか長期間が必要となります。

はてなニュースを知りたいならご活用ください。

2つ目は切除する方法です。


範囲が狭く多色のものは切除し縫い合わせます。
短時間に安い費用で行うことができます。3つ目は剥離する方法です。

皮膚の下の色が残っている皮膚を剥離します。

剥離の範囲によっては1回で終了する場合もあります。

剥離の傷痕が残る場合がありますので、できるだけ実績が豊富な美容クリニックを選ぶことを薦めます。
4つ目は植皮という方法です。

消す部分の皮膚を取り除き、健康な他の部位の皮膚組織を移植します。



広い範囲で刺青を消す場合に適しています。

消す方法を刺青の部位ごとにまとめますと次のようになります。

手・腕の刺青はワンポイント的なものが多いことからレーザーによる方法が主流です。

胸やお腹についてはレーザーにより色を薄くしたり、皮膚の切除を行います。

胸やお腹は皮膚に余裕がありますので切除に適しています。


背中やお尻については広い範囲であることが多く、切除や植皮といった方法を選ばれます。

太ももについては皮膚に余裕があることから切除します。
脛については皮膚に余裕がない部位なので、数回にわたって切除を行います。