経済的メリットの大きい散骨

subpage1

散骨は、従来の葬儀を執り仕切って来た葬式仏教の教義に従う必要が一切無いので、先祖の供養の対象となる高額な墓地や高額な墓石を購入する必要が無く、無宗教の場合にはお布施の金額でランクが決められる戒名や法号、法名も必要無く、初期費用が大幅に削減出来ます。


又、同じ自然葬の植樹葬と比べても不足する植樹葬専用墓地の入手に手を焼く必要や墓地の購入費用も無く、遺族が希望するタイミングで故人が希望した場所で弔う事が出来ます。

散骨は、国による法整備は依然と行われていませんが、地方自治体で独自の条例や規制を制定しているので、山や川、野など陸地での遺灰の散布は基本的に難しく、現在では条例や規制の効力の及ばない海域での海洋葬が主流となっています。



散骨の海域へは、一般的にはクルーザーなどの小型船舶を個人もしくは合同でチャーターし、海域へ向かう途上の時間を利用して故人との最後の時間を楽しむ小規模なセレモニーが執り行われ、記念写真などの撮影が行われています。

エキサイトニュースの最新情報を公開しています。

散骨は、故人の故郷の山河や思い出の地への散布を希望するイメージがありますが、都市部では常夏の海や憧れている世界遺産、宇宙などへの散布を希望する人が大半を占めています。



散骨は、墓石や墓地の購入が無く経済的メリットの大きい葬送方法ですが、海外への渡航費用や宇宙へ遺灰を運ぶ為の小型ロケットやバルーンの費用など故人の意思を尊重する為に高額になるケースも多くなっています。