散骨も一つの選択肢です

subpage1

自分が死んだとき、お墓を建てるか、永代供養にするか、散骨するか、迷っている方も多いと思います。

どんな人にも散骨情報探しに特化した総合サイトです。

一般的には、お墓を建てるか、もうすでに立っている親族のお墓に入ることが多いと思いますが、最近は、せっかく数十万〜数百万かけて立派なお墓を建てても、受け継ぐ人がいなければ「墓じまい」をすることになるから、という理由や、子孫がいない人や、子孫が、墓参りに来る手間をなくしてあげたいとお考えの方などは、永代供養や、散骨を選択するようです。永代供養の場合、納骨直後に、合祀墓に入れられる場合もありますし、33年の法要が終わったら合祀墓に入れる場合など、お寺などによって違いがありますが、結局最後は、他人のお骨とごちゃ混ぜになってしまいます。
それに対して、散骨の場合は、海洋葬や空葬、宇宙葬、樹木葬など、ご自身や、故人の好きな場所に撒くことができますし、他人の骨と一緒になることはありません。

ロケットニュース24の情報が更新されています。

費用の面でも、散骨場所と、業者によって、多少のばらつきはありますが、20万円ぐらいから引き受けてくれる業者があります。また、どこかにまく前に骨を粉にしないといけませんが、それも2〜3万が相場のようです。ただ、散骨という方法をなかなか受け入れてくれず、親族などとトラブルになるケースもあるようですので、ご自身のことなら、生前に話しておく必要があると思います。

亡くなってから、残された子供たちがトラブルに巻き込まれることがあるかもしれませんから。